借金は負け続ける運命にある。勝つなら稼ぐしかない

任意整理は過払い金請求に比べると勢いが劣っているように思えます。これは恐らくですが、テレビCMやラジオでも過払い金請求が多くなっているのは弁護士の都合が大きいと個人的には思っていますね。沢山ある案件の中で恐らく一番収益性が高いのでしょう。

こう考えてみるとあらゆる点で搾取する側が運営している世の中だなとつくづく感じてしまった。

私が最近はまっていた事はPCオンラインゲームです。

 
人気アニメシリーズが登場するゲームはどれも人気がありますが、ゲームソーシャルサイトで開始されたという事もあり、プレイヤー人口はかなり多そうです。

 

このゲーム自体は資源という設定があり、それがなくなると出撃できなくなるので、それまで気楽にクリックをぽちぽちと楽しめるのですが、チーム戦という、一般のゲームでいうギルド対抗戦のようなものが実装され、順位によってかなりよい報酬が貰えるようになり、かなり頑張りました。

 

というよりはチームの為に頑張らざるを得なかったのです。チームのリーダーをやっており、前回のチーム戦は最終ランクが200以上あるチームの中で一桁に入り、今回のチーム戦が始まる時は前回のリーダーとしてのやる事に対してあまりのつらさに憂鬱でした。

 

リーダーだからといって何か特別なものが貰えるわけではなく、ストレスからリーダーが失踪するチームもいくつかあったそうです。チーム戦の間にリーダーが3度変わったチームもあるという報告もありました。

 

夢中になってどうなったかというと、前回のチーム戦は開始が午前3時であり、やる気がある人はその時間から開始するので、リーダーである私はやむなくその時間に起きるという生活が2週間続きました。もちろんいくら早く寝てもこの時間に起きていては生活に支障がないわけありません。

 

対戦がちょっと落ち着いて来たらまた寝て朝起きるのですが、毎日寝不足でした。リーダーとしての全体的な方針を示したり、細かい指示をだすよりこの時間がつらすぎました。

 

今回のチーム戦は午前1時開始になったので、まだましになったほうでしょうか。それでも辛いので、チーム員にリーダーやめようかなと相談したら、リーダー変わったらチーム移籍するという人もいるし、引き継いでくれる人もなかなか見つからなかったのもあり、なんとかこのゲームは続けようとは思いましたが、そこでサブリーダー4人が代わりにいろいろと指示等を代わりにしてくれるようになり、今回はかなり楽でした。

 
それでも今回のチーム戦に一桁にはいり、前回よりいい順位に、いいチームになってくれたものです。

 

 

しかし、一つの事に夢中になって固執してしまうとバランスのいい生活が送れません。
これからはサブリーダーにいろいろ任せ、私は置物のリーダーとして、短時間自分なりにぽちぽちと楽しんでいくことにします。